漂着海草

From Beachapedia

このページでは、複数の言語で利用可能です
Wrack (English)
[[漂着海草]]
[[Wrack (es)]]
[[Laisse de mer
]]
カリフォルニア州サンタバーバラにある、漂着海草に関する情報を提供する標識。写真提供:ウィキメディア・コモンズユーザー、ドリ

漂着海草の構成要素は、主に沖合で成長するケルプが切り離されて海岸沿いに打ち上げられたものである。カリフォルニア州沿岸域審議会の定義によると、「海草」または「漂着海草」とは、「寄せる波、潮流、風によって海岸に打ち上げられるケルプや海草などの有機物」ということだ。


海岸で、漂着した海草の蓄積した部分は「海草線」と呼ばれ、通常、満潮線を意味している。海草の有機物の部分は、昆虫と鳥を含めた、海岸線に生息する多くの種にとって食物と生息地となる。また、海草は、汀線沿いに成長し砂丘の定着を促す草とその他の植物のための苗床となる。


オレゴン州の海のための助成金を使って作成された出版物「漂流物」(Flotsam, Jetsam and Wrack)も参照のこと。